企業研修・社員教育研修を提供 研修で人材育成と企業競争力を高める


プレゼンテーション研修

【研修特集】プレゼンテーション研修:ビジネスプレゼンテーション力を鍛える社員研修プログラム

効果をあげるプレゼンテーション研修

なぜプレゼンテーション研修が必要なのか?
プレゼンテーション研修が必要とされる理由として、ビジネスシーンでのプレゼンテーション機会・重要性の増大があげられます。クライアント(顧客)先、取引先、社内など様々な場面でプレゼンテーションが要求され、その出来次第でビジネスの結果を左右します。

しかし、組織的にプレゼンテーションスキルの向上に取組む企業は少なく、スキルアップを個人任せにしているケースが散見されます。組織内でプレゼンテーションスキルのバラツキが大きく、業務の中でプレゼンテーションを改善・向上させられない人材が多数を占めます。プレゼンテーションを効果的に行える人材を育てられないままでは、個人の成長も、企業の持続的な成長も阻害されてしまいます。

プレゼンテーションスキルは、基礎から体系的・実践的に学ぶことで劇的に改善されます。Methodの提供するプレゼンテーション研修は業務から離れ、研修という場で、基礎・基本の知識・スキルを習得し、実践的な環境で反復練習を繰り返すことで効果的なプレゼンテーションを行えるようになります。同時にプレゼンテーション研修を研修だけで終わらせず、実務でさらにプレゼンテーションのスキルを上げていける人材を育成いたします。


プレゼンテーション5つの要素

プレゼンテーション研修の受講者を観察していると、抱える悩み、強み・弱みなど、それぞれ違います。Methodのプレゼンテーション研修では、『プレゼンテーション』を“内容”“論理構成”“ビジュアル”“発表技術”そして“人柄” の5つの要素に分けて考え、5つの要素を全体的に伸ばすのか、個別要素を集中的に伸ばすのか、プレゼンテーション研修受講者に合わせた強化を行います。

プレゼンテーション5つの要素(図)

プレゼンテーション研修の設計について

プレゼンテーション研修の設計
先にもあげたように、プレゼンテーション研修の受講者は、プレゼンテーションに対して抱える課題は様々です。そのため紋切り型のプレゼンテーション研修では効果は薄く、研修受講者に合わせたプレゼンテーション研修が必要とされます。

研修受講者に合わせたプレゼンテーション研修には、「誰に、何を、どのように」を中心に考え、プレゼンテーション研修の目的と達成目標(研修の提供価値)を明確にし、具体的な研修設計を行います。実際のプレゼンテーション研修の設計段階では、『人材育成担当者(研修担当)』と『研修担当講師』『研修営業担当者』などの関係者で下記のようなチェックリスト(一部抜粋)を使って現状を共有し、目的を明確にします。

職種年次・役職シーン目的強化ポイント使用ツール研修技法
営業関連部門1~3年社内営業内容声(話しのみ)講義
マーケティング
関連部門
3~7年クライアント企画を通す
(説得)
論理構成プリント
メディア
個人演習
スタッフ部門7~10年
(主任・係長)
取引先インストラクションビジュアルPCグループ演習
生産関連部門10~15年
(課長)
etc.報告(説明)発表技術プロジェクター討議
研究・開発部門15年~
(部長・役員)
 etc.人柄etc.フィードバック
専門職etc.  etc. etc.
表:弊社作成の研修設計事前チェックリストより一部抜粋・改変

プレゼンテーション研修プログラムマップ

基本6タイプのプレゼンテーション研修を用意しています。この基本6タイプをベースに、設定した目的や強化ポイントに応じて、個別カスタマイズを行います。

内容Content論理構成LogicビジュアルVisual発表技術Delivery
プレゼンテーションの根幹をつくる研修

研修タイプA

論理的に考えたものをビジュアルに落とし込む

研修タイプB

ドキュメント作成に特化

研修タイプC

発表技術の向上に特化

研修タイプD

論理的に組み上げた内容をいかに伝えるかを学ぶ研修

研修タイプE

プレゼンテーションを一気通貫で学ぶ研修

研修タイプE

 

プレゼンテーション研修タイプA

プレゼンテーション研修タイプAは、プレゼンテーションの根幹をつくる研修と位置づけ、論理的に考える力(ロジカルシンキング)を養成し、ストーリー・筋・流れなど内容を磨いていきます。プレゼンテーションの聴き手にとってわかりやすい内容を構築するスキルを演習問題などを通じて身につけます。

プレゼンテーション研修タイプB

プレゼンテーション研修タイプBは「論理的に考えた内容をビジュアルに落とし込む」までを行います。研修タイプAと同様に、論理的に考える力(ロジカルシンキング)を養成し、論理的に構築した内容をビジュアル(ドキュメント)で的確に表現するスキルを身につけます。

プレゼンテーション研修タイプC

プレゼンテーション研修タイプCは、ビジュアル・ドキュメント作成に特化した研修です。表現テクニック レイアウト・チェック(重要原則、基本ルール)などドキュメントを通して聴き手に理解、意思決定をうながすスキルを養成します。また、パワーポイントなどプレゼンテーションで使用するツールの効果的な使用法を身につけます。

プレゼンテーション研修タイプD

プレゼンテーション研修タイプDは、「発表技術(デリバリースキル)」の向上に特化しは研修です。「聞き手を納得させる話しの組み立て(シナリオ構築)及び見た目と話し方」のポイントを理解し、研修の中で本番に近いかたちでプレゼンテーションを行い、実践的な力を身につけます。

プレゼンテーション研修タイプE

プレゼンテーション研修タイプEは、論理的に考えた内容をいかに伝えるかを学びます。研修タイプAと同様に、論理的に考える力(ロジカルシンキング)を養成し、論理的に構築した内容を的確に伝えるスキルを身につけます。

プレゼンテーション研修タイプF

プレゼンテーション研修タイプFは、プレゼンテーションの各ステップを網羅的・体系的に学びます。「論理思考」「相手の理解を高めるドキュメント作成」 「聞き手を納得させる話しの組み立て(シナリオ構築)及び見た目と話し方」を身につけることで、聴き手に対し自信を持ってプレゼンテーションを実施することができます。


研修お問い合わせプレゼンテーション研修は、多くの企業で導入され、高い評価を頂いております。大手企業から中小企業まであらゆる規模、あらゆる産業の企業向けにプレゼンテーションの実践的なノウハウの提供を研修を通じて行っています。企業ごとのニーズ・課題に合わせた研修カスタマイズも行ないます。お気軽にお問い合わせください。
公開セミナーはこちらプレゼンテーション研修のエッセンスがつまったセミナー

研修関連情報(プレゼンテーション研修関連のお知らせをお伝えします。)

【公開セミナー】プレゼンテーション入門セミナー

プレゼンテーション研修のエッセンスがつまった公開セミナーを2012年2月17日(金) 開催します。プレゼンテーション研修で学ぶ要素の「内容」「論理構成」「ビジュアル」「発表技術」を網羅しています。プレゼンテーションの基礎・基本を体系的に学びたい方におすすめのセミナーです。
『プレゼンテーション入門セミナー』~本当に必要なプレゼン・スキル“超”集中講義~。
詳細はこちら